真性包茎 痛い

真性包茎だったころに経験した痛い、苦い思い出は・・・?

 

包茎であること・・・。
それによって、包茎じゃない人とは、
異なった経験を必ずする事でしょう。

 

ですが、それは決して良い経験ではありません。
絶対的にマイナス!!
圧倒的に悲しい体験になるはずです^^;

 

ぼく自身、真性包茎でしたが、
それによって良かった思い出は1つもありませんが、
痛い!!最悪!!というようなエピソードなら、
はいて捨てるほどあるので、
お話しすることができます^^;

 

え?そんなことない?そんなに悲観的になるな?
そんなマイナス思考だから、
悲しい事ばかりに目が行くんだよ!!
とおっしゃる人もいるかもしれません・・・。

 

でもそういう人たちに、
本当にそう思います?
じゃぁ、もし、逆包茎手術があったら、
露出している部分を
皮で包んでもらいたいと思いますか?(笑)

 

上の質問をされて、よろこんで!と答える人なんて、
ほぼ一人もいないと思います。

 

それほど包茎に対してネガティブな印象、
そして、実際に病気になる確率も
包茎じゃない人に比べると高くなるのも事実です。

 

そして、実際に包茎だった人しかわからない、
真性包茎の痛みを振り返ってみようかなと、
思いました。

 

 

痛い真性包茎の話(物理編)

 

包茎の人に限らず、
必ず試すとは思うのですが、
一度、自分の皮を剥いて、
先端を露出させようとすると思います。

 

ぼく自身、幼少の頃はもちろん、
自分が包茎であると気付いて以降も、
何度となく、剥けることが出来ないか・・・。
そう思い、いろんなやり方で試したものです。

 

ゆっくりと穴のふちを広げようと試したり、
早く、ぐぃ!っと引っ張ってみたり、
せっけんで滑りやすくしたらどうだ!
と、色々試してはみたんですが、

 

 

 

 

 

全部無駄な努力で終わりました^^;

 

 

 

 

 

絶対に途中で痛くなって、
これ以上は無理無理無理!!!
ってなりますね。

 

完全に、「あ、これ以上はダメだわ」って思ったのが、
高校の修学旅行が迫った日の事、
絶対にみんなでお風呂に入る時、
見つかったら馬鹿にされると思い、
なんとか、修学旅行中だけでも良いから
意地でも剥いてやろう!!と、
かなり気合いを入れて皮を引っ張ったんですよね。

 

そうしたら、先端に痛みが走り、
皮に押さえつけられた尿道が、
一瞬だけど左右に捲れそうに広がったので、
恐ろしくなってすぐに止めました。

 

 

幸い、切れていなかったし、
血も出ていないのですが、
あの痛みとビジュアルは
二度と体験したくないトラウマです。
マジでもう、本当に怖かったですね。

 

 

痛い真性包茎の話(病気?編)

 

先ほども言いましたが、
真性包茎の場合、露出状態の場合より、
病気になる可能性が高くなります。

 

汚れが溜まりやすく、
しかし、皮に覆われているので、
洗うのが大変むずかしく、
汚れを放っておくことで
炎症の原因になるの勿論、
皮の内側を洗った後、
せっけんやボディソープの
洗い残しがあった場合、
それも雑菌の温床になるため、
そこから炎症や病気になることも
珍しくないようです。

 

彼女が出来たばかりのころ、
汚れや臭いにはかなり気を付けていて、
病気などにもならないように、
ベビー用の綿棒で皮の内側を
綺麗にしていたんですね。

 

 

自分でも相当過敏になっていたので、
少しでも気になったら、
すぐにホジホジ・・・。

 

それがいけなかったのか、
皮の内側がヒリヒリ痛い・・・。

 

 

 

必要以上にこすり過ぎたせいで、

 

 

小さいすり傷を作ってしまったらしく、

 

 

しばらくは消毒薬を塗る様になりました・・・。

 

 

また、消毒薬を塗るときにしみる!!痛い!!

 

 

 

綺麗な状態を保つことは大切ですが、
無茶な方法で汚れを落とたりして、
皮の内側や先端部分に傷が付かない様、
十分に注意しましょうね^^;

 

また余談ですが、先のエピソード通り、
ぼくは怖くてできなかったのですが、
自分で無理やり剥いてしまった事により、
皮が戻らなくなり、先端を圧迫して、
うっ血状態になる場合も珍しくありません。

 

俗にいうカントン包茎という状態なのですが、
これは大変危険な状態ですので、
もし、自分で戻せない状態だったら、
すぐに病院に行った方が良いと思います。
最悪の場合、先端部分が壊死してしまう事も
十分あり得るとのことです・・・。

 

 

痛い真性包茎の話(メンタル編)

 

包茎によるダメージで実は最も大きいのは、
このメンタルへの痛みではないかと思います。

 

中学生の頃の多感な時期から、
プールの着替えの時間や、
修学旅行のお風呂の時間など、
かなり憂鬱になる事が多かったです。

 

友人たちも本気で馬鹿にする気は無いのは
当然よくわかっているのですが、
ネタとしていじられるのだとしても、
正直、メンタルに来るダメージは
かなり痛いものでありました。

 

まぁ、それでもまだ良かったのですが、
ぼくの人生において、
真性包茎にまつわる相当痛い話は、
彼女に言われたこの一言に尽きると思います。

 

 

 

 

「ごめんなさい、臭いの・・・」

 

 

 

 

その言葉を告げられた時は、
痛いどころか、もはや交通事故レベルの
衝撃でしたよ^^;

 

横断歩道を渡る時、信号機が青に変わって、
ちゃんと右を見て、左を見て、また右を見て。
自分でできる限り細心の注意を払って、
よし、大丈夫!渡ろう!!と思ったら、
居眠り運転の車がいきなり突っ込んできた!
それくらいの衝撃があったのを覚えています(苦笑)

 

 

先にも言いましたけど、彼女が出来てから、
相当衛生面には気を付けていたのですよ。
しっかりと洗っていましたし、
もう自分でできる最大限の事はやっていました。
それでもパートナーに負担をかけていたのかと。

 

もうこんな痛い思いはまっぴらだ・・・。

 

そのことがきっかけで、
一度彼女と疎遠になりましたし、
その時に、包茎手術を行おうと、
心に決めたんです。

 

 

包茎手術の痛い・・・痛くない話

 

本腰を入れて包茎手術の情報を集めるようになって、
いろんなクリニックに無料相談にいきました。

 

ABCクリニックもそのうちの一つなのですが、
ぼくはこちらのクリニックで真性包茎の手術しました。

 

 

決めた要因はさまざまあるのですが、
口コミで安さと仕上がりの綺麗さというのが、
とても多く見れたからです。

 

無料カウンセリングを受けた時も、
とても丁寧に説明をしてくれて、
不安要素がほとんど解消できたのも
大きかったと思います。

 

診察の時は、ぼくの状態に適した術式の説明、
麻酔のかけ方などを詳細に説明してくれました。

 

手術中も麻酔がしっかりと効いていたので、
痛みは全くなかったのを覚えています。
(雑談しているうちに終わった・・・)

 

 

 

ちなみに、ぼくは余った皮を切除したのですが、

 

 

ABCクリニックでは、切らないで治す

 

 

包茎手術もあるようです。

 

 

切るのは怖い!痛いのはどうしてもいや!!

 

 

 

 

という人は、切らなくても大丈夫か、
無料カウンセリングの時に相談してみると
良いかもしれませんね!

 

術後も特にひどい痛みはなく、
気になる事があり、クリニックに連絡したら
すごく丁寧に対応してくれたので、
アフターケアもとても満足しました。

 

手術って、もっと痛いものだと思っていたのですが、
こんなにもあっさりと、痛みも無く終わってしまうなんて、
本当に驚いてしまいました(笑)

 

 

包茎で悩んでいたらまずは無料カウンセリングを!

 

包茎で色々と悩んでいる人は本当に多いでしょう。
色んな痛い思いや、本当に苦しい思いもあります。
面白おかしく書いていますが、
ぼくは真性包茎だったころ、
本当に、真剣に悩んでいましたし、
手術を行ったことで本当に色々な重りから
解放された気持ちです。

 

 

同じ悩みや苦しみを抱えていて、
包茎手術を行おうか迷っている人には、
絶対におすすめしたいと思っています。

 

でも、色んな病院があるから迷いますよね。
ぼくはABCクリニックで手術をうけたので、
断然、こちらのクリニックを推しますが、
いろんなクリニックで無料の相談を行っているので、
色々行ってみて、自分に合ったところで
手術を行った方が良いと思います。

 

その第一弾として、
まずは、まずはABCクリニックの
無料カウンセリングを受けてみてはと思います。

 

自分の人生を変えるため、
自分に自信をつけるため、
まずは第一歩!

 

是非、おすすめですので、
下のバナーからABCクリニックの
無料カウンセリングを
オンライン予約してみてくださいね!