包茎 垢

包茎はどれくらい垢が溜まる?放置しているとどうなる?

 

生き物は新陳代謝を行い、成長していますよね。
それにより、汗をかいたり、排泄したり。

 

その過程で排泄された体液の乾燥や、
老廃物などが汚れとなってしまいます。

 

運動をしなくても、汗をかいたり、
オシッコをしたり、体の角質が新しくなったりと、
生きているうえで、意識的にしろ、
無意識にしろ、必ず発生します。

 

これは生きている以上、
絶対に避けては通れないですし、
汚れをそのままにしておくと、
日常生活や体調面からも様々な弊害が
発生する可能性がありますよね。

 

わきの下や内腿の付け根など、
リンパ腺が通っていて、
普段は衣服などで隠れている場所など、
特に汚れが溜まりやすく、
臭いも気になってきます。

 

また、普段隠れているといえば、
包茎の場合も常に皮に覆われているため、
皮の内部に溜まる垢が気になりますよね。

 

ぼくも包茎の手術前は、
体調や年齢によって変わっては来ましたが、
毎日キレイに洗っているのに、
結構な量の垢が付いていた記憶があります。

 

しかも真性包茎だったため、
皮を剥くことが出来ず、
細い綿棒で取っていたのですが、
これがまた手間がかかって
面倒だったのを覚えています。

 

包皮の中にたまる垢が
どれくらいの量なのか、
また、どんな影響がでるのか、
とても気になりますよね。

 

 

包茎の垢は皮を剥くために必要?

 

包茎の内部に溜まる垢の事を
恥垢(ちこう)といいます。

 

 

恥垢の量に関しては、個人差、
年齢などでまちまちですが、
重度の包茎状態になると、
毎日掃除していても、
かなりの量が出てしまうようです。

 

先にも書きましたが、
ぼくも毎日お手入れをしていましが、
10代後半から20代前半までは、
運動部に所属していたこともあり、
綿棒で掃除をすると、
結構多めについていました。

 

また、幼少期に関して言えば、
包茎内部の垢が、皮と先端部分の分離を
促進させると言われていて、
包茎が剥けやすくなるために、
ある程度の垢が出ても自然に排出されるため、
特別な処置は必要ないと言われています。

 

そして、この時期にある程度自分で
皮が剥けるか確認をしておくことで、
剥き癖(?)がつく可能性もあるようです。

 

痛みを感じたらそれ以上剥く必要はありません。
成長とともに露出範囲は広がっていきます。

 

しかし、先端部分と皮が分離して以降、
通常時、勃起時でも皮を被っている状態だと、
仮性包茎、あるいは真性包茎であるため、
清潔さを保つため、常に綺麗にするよう、
心がけておいた方が良いでしょう。

 

 

包茎の垢を放置することで起こる弊害とは?

 

幼少期から変わらず、男性器が皮に覆われていて、
自分でも皮を剥くことが難しい状態だと、
当然、皮の内部に垢が溜まり、
自然に排出されることが難しくなります。

 

完全に剥けている男性器でも、
汗、おしっこ、蒸れなどで
非常に汚れが多くなり、清潔さを保つためにも
毎日洗浄が必要な部位ではあります。

 

汚れが排出されにくい包茎の場合、
垢がたまり、それが雑菌の温床となり、
病気や疾患などになる危険が高くなります。

 

例えば、皮や先端部分が炎症を起こす、
亀頭包皮炎という疾患があります。

 

包皮が炎症を起こしてしまった状態で、
腫れ、痒みが伴い、ひどい場合では、
水ぶくれに似た症状なども出るという事です。

 

また、おしっこに雑菌などが入り、
尿路感染が起こる危険性もあります。
この症状を放置していると、
さまざまな病気に発展するため、
排尿時に違和感を感じる場合は、
すぐに病院に行くべきだと思います。

 

当然、上記のような弊害はあるのですが、
もっとも身近な弊害といえば、

 

 

 

臭いだと思います。

 

 

 

ある程度清潔にしておけば、
普段、衣服をきているので気になりませんが、
気を抜いているとかなりの悪臭を放ちます。

 

また、自分自身のニオイって、
そんなに気になりませんが、
他人のニオイって意外と気になりますよね。

 

 

恋人同士など、近しい人などに、
こちらが気づかないうちに
我慢をさせてしまっている可能性は
とても高いと思います。

 

実際にぼくも彼女に指摘されるまで、
自分自身では清潔に洗っているつもりでしたし、
相手も何も言わなかったので、
大丈夫だろう程度にしか感じていませんでした。

 

でも、考えてみれば、
いくら親しい相手とはいえ、
ニオイに関してはとても言いづらいところは
あると思います。

 

彼女が勇気を出して言ってくれなかったら、
今でも自分の臭いについて
意識してなかったでしょうし、
彼女にずっと負担を掛けていたかもしれません。

 

また、それが原因で一度彼女と疎遠になったのですが、
もし、彼女が勇気を出して「臭いの・・・」告白してくれなかったら、
おそらく、また同じ負担を別の相手にも
押し付けてしまう可能性だってあったのかもしれません。

 

結果的に、彼女に負担を掛けさせたくないという理由で
包茎手術を行い、今も継続して関係を続けていますが、
パートナーになる女性に対しても、
包茎を放置することで相当な負担を掛けることになるという事を、
嫌というほど認識させられました。

 

 

女性にかかる負担は臭いだけじゃない

 

何も臭いだけが女性にかかる負担ではありません。
臭いが強いという事は、それだけ汚れているという事です。
汚れで雑菌が繁殖している状態の男性器と
肉体関係を持ちたいと思う女性が、
果たしてどれくらいいるでしょうか?

 

メリットより自分の肉体に及ぶデメリットを考え、
嫌がられるのは当然だと思います。

 

実際に、女性にとっても肉体的に
多くのデメリットが
出てくる可能性が高いでしょう。

 

男性器と同じように炎症を起こしたり、
性病になる可能性だってあります。

 

女性は包茎の見た目などはあまり気にしないと言いますが、
衛生面に関してはとても敏感です。

 

交際相手に求めるものランキングなどで
必ず上位に反映される清潔感というワードをみれば、
それは言わずもがなでしょう。

 

 

 

包茎の最も厄介なところは、

 

 

見た目でも形でもなく、

 

 

垢が溜まりやすく、

 

 

掃除しにくい。

 

 

 

衛生面に問題が出やすいというところです。
これは、世の女性の大半の意見と
真逆の状態になりやすいという事です。

 

実際に好きな人が包茎かどうかは、
特に気にしないという女性は多いと思います。

 

が、

 

大前提となる条件として

 

 

 

 

 

 

「清潔であれば」

 

 

 

 

 

 

というのが必ず必須になります。

 

 

 

 

自分で綺麗にしているつもりでも、
なかなか衛生面を保ちづらい包茎、
あなたが知らないうちに
パートナーに負担を掛けている事だって
十分にあり得る事だと思います。

 

 

包茎の垢が気になるのであればプロに相談

 

包茎に関して色々な情報がインターネットでも
手に入りやすいと思います。
実際にぼくも手術をする前には、
インターネットで情報を探しましたが、
結局、プロに聞くのが一番だという事がわかりました。

 

包茎に関してのクリニックは数多くあり、
その大半が無料相談などを行っています。

 

ぼくはABCクリニックで手術を行いましたが、
アドバイスとしては、まず手術を前提とする前に、
色々なクリニックで、相談をする事から始めましょう。

 

自分が包茎で悩んでいる事や、それの改善策、
手術を行うか行わないかの判断に関しても、
こちらで聞いてしまった方が確実であり、
はっきりとした答えが出ます。

 

手術を行うと決めたとしても、
各クリニックにはいろいろな特徴もあり、
値段、手術の方式、ケアなど、
比較を行う事だってできます。

 

まずは、一つのクリニックに絞らず、
自分にあったクリニックを探すという事が、
包茎に限らず、良い病院探しの鉄則だと思います。

 

ABCクリニックも無料カウンセリングを行っており、
さらに他の病院との比較も推奨しています。
一番初めに訪問する病院としては、
かなり最適だと思うので、まずはこちらをおすすめします!

 

 

下記ボタンからABCクリニックのオンライン予約ができる
公式ホームページにいけますので、包茎に関する悩みがある人は、
まずはこちらから申し込んでみましょう。

 

善は急げ!絶対におすすめです!